食事から酵素を摂取するにはコツがあります

サプリで健康

食べ物から摂取する

サプリ

酵素と温度

酵素はとても壊れやすいとされています。その証拠に、50℃以上の環境下では酵素はうまく働くことができません。また、温度が低すぎてもその活性は低下してしまいます。例えば熱を加える調理法では、酵素が壊れてしまうため、食材に含まれる酵素を上手に摂取するためには、その調理法に気をつけなくてはなりません。

体温の秘密

人間の平熱は一般的に36~37℃の間です。食事中や食後の体温について思い出してみてください。食べる前に比べて、身体が熱くなったように感じませんか?実は、これは人間の身体が酵素の働きを良くするために体温をあげているのです。酵素には最適温度というものがあり、その温度になると活性が高くなるのです。

酵素を飲む

野菜や果物にはたくさんが含まれていますが、前述したとおり熱を加えた調理法では、酵素が壊れてしまいます。そこで、野菜のスムージーを作れば温度の上昇による破壊を防ぎながら、酵素を摂取することができます。リンゴなどの果物を加えて飲みやすくするのもいいでしょう。また、酵素ダイエットとして、朝食をこういったスムージーに置き換えてもいいですね。

生野菜・漬物を食べる

酵素は熱に弱いため、生のサラダで野菜を摂取するのもおすすめです。
また、麹を使った漬物を食べれば、野菜の植物由来の酵素と麹由来の酵素を同時に摂ることができますよ。

サプリを活用する

とはいっても、毎日スムージーを飲んで、サラダを食べて、麹の漬物を食べることは大変です。また、酵素は一つに一つの働きしか持っていないため、色々な種類の食材を食べなくてはなりません。そこでおすすめなのが、酵素サプリです。サプリメントで酵素を摂取すれば、手軽に、多くの種類の酵素を摂取することができますよ。

広告募集中